NPO法人 日本企業再生支援機構

SUPER PRE PACKAGE PROGRAM

SUPER PRE PACKAGE PROGRAM

企業再生業界の現状と問題点

企業再生業界の現状……単一コンサルタントの乱立

経営コンサルタント(経費カット)

  1. コストカット対策、弁済計画によるリスケ。
  2. 過大債務そのまま。
  3. 再生は続投の経営者次第。

資産コンサルタント(不動産の売却)

  1. 担保付不動産売却による借入金削減。
  2. 不動産が無い企業、地価の安い地方では不適応。
  3. 不動産売却手数料が収益の柱。経営の本質改善に至らない。

債権カット・整理(再生法などの法的処理含む)

  1. 過大債務問題は解決。
  2. 金融的信用失墜。運転資金が鍵。
  3. 金融機関の債権放棄が前提。引当不足の金融機関が消極的。

M&A(スポンサー企業)

  1. 適切なスポンサーにより、最も効果的な再生手法。
  2. 法的整理前のプレパッケージ化が大切。
  3. 当面の資金繰り費用や優先債権者への弁済など初期費用が必要。
  4. 財務内容、収益計画など不透明度が強く法的整理を求められることが多い。

財務責任者(CFO)派遣

  1. 現状把握を進めるためのマンパワー提供。
  2. 経営戦略立案を人的に支援。
  3. 経営者を補佐するブレーン的存在に。

 

現在の再生手法は単体では一長一短で、すべての企業に対応できるわけではない。

↓

専門家のコラボレーションによる企業再生手法が必要。

 

次のページ

 

サイト利用について | サイトマップ | お問い合わせ